E-GlobexがAMLコンプライアンス・ソリューションを活用

                            

Bridger Insight® XGを使用して徹底的なデューデリジェンスを実施し、コンプライアンスを確保

E-Globexのケーススタディ銀行間通貨・現金両替会社として、E-Globex Sdn Bhd(E-Globex)は大手の地方銀行、登録貸金会社、営利会社などにサービスを提供しています。同業者と同様に、E-Globexは、ますます複雑化するアンチマネーロンダリング(AML)とFATCA規制に関連するコンプライアンス規制とデューデリジェンス要件への対応に苦慮していました。

これらの規制コンプライアンスの要求は同社のリソースを枯渇させつつあり、効率性に影響を与え、ひいては顧客体験にまで悪影響を及ぼしていました。

E-GlobexはLexisNexis® Risk Solutionsのツールとテクノロジーを活用することで、デューデリジェンスの実施とコンプライアンス要件への対応における効率性向上、ならびに中核事業の運営における効率性と顧客満足度の向上を図りました。

 

LexisNexis Risk Solutionsが推奨したのは、Bridger Insight® XGでした。同ソリューションにより、制裁、ウォッチリスト、および有害メディアのスクリーニングとモニタリングを効率的に実施できます。

同プラットフォームは完全にカスタマイズ可能で、E-Globexの社内システムおよび確立されたプロセスとシームレスに統合しています。同ソリューションは、IT投資を最小限に抑えながら、E-Globexの事業成長に伴って変化するニーズに対応するために拡張可能です。

詳細をお知りになりたい方は、ケーススタディのコピーをダウンロードしてください。

ケーススタディ全文はこちらから

ダウンロード

営業担当者からの連絡希望者

お客様におすすめの製品