LexID®

アイデンティティ管理を向上させる高度な分析

LexisNexisは専有のリンキングテクノロジーと当社独自の識別子であるLexID®を組み合わせて、2.76億件の米国の消費者のアイデンティティに関する情報を分析、
整合、管理しています。この特許取得済みのリンキング/クラスタリング方式は多くのLexisNexis製品を基盤としており、認証、検証、その他のアイデンティティ管理機能を活用しています。

LexID®とLexisNexisリンキングテクノロジーの相乗機能

1. 識別

新しい記録を入手すると、LexisNexisは当社独自の識別子であるLexID®を割り当てます。LexIDは社会保障番号などの個人情報に基づき作成されることではありません。

2. 関連付け

データポイントが交差する記録は、LexisNexis®の
特許取得済みの拡張性に優れた自動リンキングテクノロジーによって結合され、その後同じLexIDに割り当てられます。

3. 強化

アイデンティティに関するプロフィールは継続的に更新され、新しい記録を取り込みます。この動的プロセスは非常に正確な全体像を提供し、長期的なアイデンティティの変更を明らかにします。


LexID®と拡張性に優れた自動リンキングテクノロジーのメリット

結合された公開情報と専有情報の最大規模のデータベースを通じて、お客様は不正への対処、リスクの軽減、およびコンプライアンスの確保を実現できます

  • 不審な事業体または取引を明らかにする
  • 変則的なデータポイントまたは異常値を迅速に絞り込む
  • 共謀または非公開の関係を特定する
  • 誤検出を排除する
  • 顧客の個人情報を保護する
  • 顧客の個人情報を保護する