TrueID®

                                           
お問い合わせ

リアルタイムで真のアイデンティティを認識し、不正に対処

LexisNexis® TrueID®を使用することで、組織は直接取引で身分証明書を瞬時に認証し、不正に対処し、顧客体験の向上を実現できます。

メリット

TrueIDは既存のワークフローに統合され、追加的な検証と認証のオプションが組み込まれています。これは、取引のリスクに基づき選択的に「オン」にすることができ、アイデンティティ管理プロセスに最大限の柔軟性を与えています。

オプションの指紋生体認証ソリューションにより、認証登録を行い、そのIDをユーザーの指紋に関連付けることができるため、簡単かつ安全なリピートアクセスが可能になります。収集したIDデータを保存して、他のユーザーデータに関連付けると、顧客のライフサイクル全体にわたる取引行動を追跡することができます。

LexisNexis® TrueID®は以下を提供します。

  • 効率性:対面での身分証明書の認証はわずか数秒で完了します。そのため、ユーザーに迅速な対応ができ、管理者は不審な証明書の審査に集中できます。
  • 正確性:フォーム入力機能はスピード、正確性、データ品質を向上させ、ワークフローを合理化します。
  • 使いやすさ:TrueIDのインターフェイスは直感的でカスタマイズ可能であり、最小限のトレーニングで簡単に使用できます。ウェブベースのレポート作成ツールにより、迅速に不正の調査を開始できます。
  • 柔軟性:TrueIDは、本人確認を必要とするあらゆる取引における単一要素または多要素の認証ソリューションとして使用することができます。
  • 拡張性:ライフサイクルにわたり、スタンドアロンアプリケーションとして展開するか、特定のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。TrueIDは既存のワークフローに簡単に組み込み、他のLexisNexisソリューションに直接連携することができます。

特長

LexisNexis® TrueID®は以下を行うことで、身分証明書を瞬時に認証することができます。

  • 最大50種類の様々なテキストベースおよび画像ベースのテストを審査し、約200カ国からの4,100種類程のIDデータベースと照らしてIDをチェックする
  • ホストされている主要データベースに文書を登録する
  • フォームの事前入力または追加的な本人認証のために個人情報を抽出する
  • IDを支払いカード、小切手、ポイントカード、その他の顧客データと関連付ける

詳細情報

身分証明書の犯罪科学的分析の自動化

必要な場所で必要なときにID認証を行い、不正を防止

TrueIDは、公正信用報告法(15 U.S.C. § 1681, et seq.)(「FCRA」)で定義される用語である「消費者報告機関」によって提供されておらず、FCRAで定義される用語である「消費者報告書」を構成するものではありません。したがって、本サービスの全部または一部を、FCRAに基づく消費者報告書が使用される可能性がある信用、保険、雇用またはその他の目的において、適格性を判断する際の要素として使用することはできません。

公的記録情報の性質および出所のために、報告書で使用される公的記録および市販のデータソースには誤植が含まれていることがあります。

既にTrueIDを使用していますか?