PayMayaのEウォレットのケーススタディ

                         
お問い合わせ

PayMayaを介したキャッシュレス取引がフィリピン国民に浸透

Eウォレットに対するクライアントの登録スクリーニング

プリペイド式オンライン決済アプリのPayMayaは、フィリピン初のEウォレット会社のひとつです。同社は、国の銀行から十分なサービスを受けられなかった多くの消費者にオンライン決済を提供しています。

取引手段としてデジタル決済を希望するフィリピン国民の増加に伴って、PayMayaが直面している課題は、迅速かつ正確にオンライン顧客の効果的なスクリーニングを実施すると同時に、マネーロンダリング、サイバー犯罪者、テロリストをプラットフォームからどのようにして排除するかということでした。

PayMayaは、顧客スクリーニングを効率的に実施し、顧客の既存のワークフローと統合する必要があります。一方で、顧客の取引量の低減と取引上の損失を避けるために、顧客に余分な手間をかけないようにしなければなりません。

PayMayaは LexisNexis® WorldComplianceTM Data を活用して、登録時の顧客のリスクを評価し、継続的なモニタリングを実施して、コンプライアンスを確保しています。60種類を超えるリスクカテゴリと480万件を超えるプロフィールを有するLexisNexis® WorldComplianceTM Dataにより、PayMayaは顧客を十分に把握し、顧客に関連する潜在的なリスクを特定することができます。

ケーススタディ全文はこちらから

ダウンロード

当社からの連絡をご希望の方

お客様におすすめの製品