貿易コンプライアンス

貿易コンプライアンスをより効果的に

複雑性をます経済制裁と輸出規制に対応する

貿易コンプライアンス

                         

お問い合わせ

効率的な貿易コンプライアンスと輸出管理のためのベストプラクティス

世界貿易が活況を呈する中、規制当局からの監視は高まっています。現在の規制環境では、グローバルサプライチェーンの一部である貨物輸送業者、専門保険会社、金融機関など、貨物の国際移動を促進する企業は、輸出管理規制に対応する必要があります。それらは、さまざまな法域における制裁と管理された商品の両方に関連する複雑な規制の枠組みに準拠する必要があります。

貿易コンプライアンスチームは、次のような多様で時間を要する課題に直面しています。

潜在的な貿易コンプライアンスリスクの問題を特定する

潜在的なリスクの問題を特定する

規制の最新情報を把握している貿易コンプライアンスチーム

規制を常に把握する

貿易コンプライアンスチームによる監査証跡の管理

規制チェックを満たすための監査証跡の維持

このプロセスには、取引の開始時だけでなく、すべての段階で、多くのデータ収集とチェック作業が含まれます。コンプライアンスチームは、AからBにできるだけ早く商品を届けるために、より短い期限を守るというプレッシャーなどの内部的な課題にも直面しています。さらに、輸出入管理と制裁方針は絶えず変化しています。貿易コンプライアンスチームは、OFACやFATFなどの組織や個々の政府が要求する規制やベストプラクティスに先んじる必要があります。さもないと、費用のかかる罰金、収益の損失、評判の低下につながる可能性のある執行措置のリスクにさらされます。


リスクエクスポージャーを決定する

国際貿易は、犯罪収益のマネーロンダリングやテロ組織への資金提供を伴う可能性のあるさまざまなリスクや脆弱性に組織をさらします。通常、国際貿易取引には複数の関係者が関与するため、デューデリジェンスの実施は非常に複雑になる可能性があります。

国際貿易もまた、文書ベースである傾向があります。これは、マネーロンダリング、テロ資金供与、OFAC制裁またはその他の制限の回避に関連する可能性のあるドキュメンタリー詐欺の可能性があることを意味します。組織は、様々な種類かつ標準化されていないデータをデジタル化して理解するという継続的な課題に直面しています。

顧客と取引を審査するための手順を確立する

貿易コンプライアンスとは、単に顧客、サプライヤー、または貿易パートナーを審査するだけではありません。関係するすべての関係者は、出荷される商品、目的地、輸送方法、貿易財務書類など、各貿易の特定の側面を精査し、すべてのステップで同じレベルのデューデリジェンスを適用する必要があります。

特に、複数のソースから複数の形式でデータを収集する場合は、マニュアル作業では不十分です。さらに複雑な問題は、取引前だけでなく、取引のライフサイクル全体にわたってスクリーニングを行う必要があることです。

これにより、デューデリジェンスプロセス、データチェック、およびプロセス管理をデジタル化、自動化、および合理化して、規制コンプライアンス要件、ビジネス成長目標、および収益性のバランスを取るという追加の負担が追加されます。

顧客や取引先を吟味する国際貿易コンプライアンス


コンプライアンスの簡素化

当社からの連絡をご希望の方

下記のフォームにご記入ください。弊社の営業担当者よりご連絡差し上げます。

あなたが興味を持っているかもしれない製品