Threatmetrixによるアイデンティティのよりスマートなリスク判定

より賢明なアイデンティティの決定を下す

オンラインの動向全体にわたり接続されているDynamic Threat Intelligenceを使用して顧客転換率と不正検出件数の向上を実現

LexisNexis® ThreatMetrix®

                                     
お問い合わせ

十分な情報に基づくアイデンティティと信頼に関する決定をサポート

デジタル市場では、ほんの数秒間の遅れで、ビジネスの貴重な収益が失われる可能性があります。組織は顧客転換率を効果的に向上させ、ますます複雑さを増しているサイバー犯罪の脅威が存在する環境の中を進んでいかなくてはなりません。

LexisNexis® ThreatMetrix®は、日常的な取引における意思決定に対する情報を提供してくれるデジタルアイデンティティ・インテリジェンスおよびデジタル認証のための法人向けソリューションとして、5,000を超える大手グローバルブランドから信頼されています。当社の不正防止ソリューションは、数十億件の取引から構築されたデジタルアイデンティティの洞察を、高度な分析技術や機械学習技術と組み合わせることで、カスタマージャーニー全体にわたる決定分析を統合し、以下をサポートしています。

  • 顧客転換率の加速と収益の最大化
  • 取引の安全性の向上と個別化の改善
  • 負担の最小化と誤検出の低減
  • オンライン決済の不正検出により取引の放棄を低減
  • より多くの不正の検出と防止

この動的なエンドツーエンドの意思決定プラットフォームを使用することで、効率的な方法で貴重な取引を維持すると同時に、重要な不正防御およびサイバーセキュリティのリスク管理プロセスの有効性を最大化することができます。




ノートパソコンの前に座っている男性

  真のデジタルアイデンティティを確立

カスタマージャーニー全体にわたり信頼とアイデン
ティティの決定を確実に下す

ThreatMetrixはデジタルアイデンティティと物理アイデンティティの属性を統合することで、真のデジタルアイデンティティを確立しています。
当社のソリューションにより、企業はほんのミリ秒で、信頼できる顧客とサイバー犯罪者を、明確に識別することができます。


ThreatMetrixは LexID® DigitalLexisNexis® Digital Identity Network®,
の不可欠な構成要素を組み合わせることで、顧客のライフサイクル全体にわたる強力なリスク見通しを提供します。

ThreatMetrixの新規アカウント登録

新規アカウントの 作成

Threatmetrixのアカウントログイン

アカウントのログイン

Threatmetrixの決済不正管理

決済不正 管理

スマートフォンとクレジットカードを見ている女性


包括的な不正防止と余分な手続きのいらない顧客体験

LexID DigitalとDigital identity Networkは当社の不正防止ソリューションの共生的な要素であり、エンドユーザーにまったく見えない形でアイデンティティと取引の多層化分析を提供します。これらの相互依存的要素により、余分な手続きのいらない顧客体験と包括的な不正防止およびサイバーセキュリティリスク管理ソリューションとのバランスを取ることができます。

LexID Digitalは動的に整合され、トークン化された顧客の識別子であり、ほぼリアルタイムでオンラインとオフラインのアイデンティティの属性を統合することでリスクベースの認証をサポートし、顧客のアイデンティティリスクの完全図を提供します。企業はLexID Digitalを使用することで、複数のデバイス、メールアドレス、住所、アカウント名全体等にわたり、確実かつ一貫して人物を特定し、同じリピートユーザーを確実に認識できます。

Digital Identity Networkは業界をリードする分析技術と機械学習を使用して、さまざまな分野横断的な業界によるグローバルな取引からのログイン、決済、新規アカウント作成を含む高リスクの行動に関するトークン化されたインテリジェンスを統合し、電子商取引、金融サービス、電気通信、ゲームなどの複数の業界にわたる見通しを提供しています。

カスタマイズされたスムーズな体験を優先しなが
ら、より多くの不正を防止

ThreatMetrixによる決済不正検出により、企業は信頼できる顧客にカスタマイズされたより安全な取引を提供すると同時に、
複数のチャネルにわたり不正とサイバー犯罪の脅威を正確に検出し、 防止することができます。この実績ある不正保護ソリューションにより、
企業はサイバー犯罪への取り組みにおいて常に世界の最前線に立つことができます。 またターゲットとする機能を使用して、
より多くの不正に効果的に対処しながら、自信を持って貴重な顧客に専念できます。
Threatmetrixのコンテキストベースの情報Threatmetrixのコンテキストベースの情報

コンテキストベースの情報

通常業務期間中にボット攻撃を検出してユーザー行動を分析し、これらのデータを攻撃中に収集したデータと比較します。企業はログイン/取引が行われた時点で、人間とボットを区別できます。
Threatmetrixのマルウェアからの保護Threatmetrixのマルウェアからの保護

マルウェアからの保護

企業がリスクを軽減し、マン・イン・ザ・ブラウザ(MITB)、リモートアクセス型トロイの木馬(RAT)、高速/高頻度のボット攻撃から、正規の顧客の行動を模倣したローアンドスロー攻撃、ランサムウェア、キーロギングの試みなどの攻撃から身を守ることを支援します。
ThreatmetrixのトラストタグThreatmetrixのトラストタグ

トラストタグ

企業が正規/不正なユーザー、デバイス、場所またはペルソナを定義、分類、タグ付け、識別することを支援します。 
Threatmetrix TrueIPThreatmetrix TrueIP

TrueIP

隠れプロキシやVPNなどの、場所とアイデンティティのクローキングサービスの使用を検出します。企業は本物のIPアドレス、位置情報、その他の属性を確認することができます。
Threatmetrixの詳細な接続分析Threatmetrixの詳細な接続分析

綿密な接続分析

隠れプロキシやVPNなどの使用を検出します。企業は、長期的にグローバルアイデンティティのバックアップを受けて、決済の不正を検出し、各イベントの本物のIPアドレス、位置情報、その他の属性を確認できます。
Threatmetrixの統合ハブThreatmetrixの統合ハブ

統合ハブ

サードパーティのデータソースとカスタムサービスを組み込んで、追加的な認証とアイデンティティの検証を統合するためのプラットフォームを提供します。


Threatmetrix SmartIDThreatmetrix SmartID

SmartID

クッキーの削除、プライベートブラウジング機能の使用、他のパラメータの変更により、従来のデバイスフィンガープリンティングツールを迂回しようとするリピートユーザーを識別します。
ThreatmetrixコンソーシアムThreatmetrixコンソーシアム

コンソーシアム

組織はリアルタイムのデータインテリジェンスを選択的に共有し、一丸となって複雑な不正に立ち向かうことができます。

  エンドツーエンドのアイデンティティ・インテリジェンス


信頼できる取引と不正行為をシームレスに識別

お使いのThreatMetrixソリューション内にLexisNexis® Behavioral Biometricsを追加することで、取引リスクへの可視性を高めることができます。Behavioral Biometricsは、顧客のシステムが不正の兆候であるデジタル行動の変則性を迅速に認識できるように、信頼できる関係の背後にあるパターンと嗜好に関する十分な情報に基づく洞察を提供します。また、ボットやアグリゲーターに関連する異常なインタラクションを示すリスクシグナルに対するターゲットを絞った可視性を活用して、手続きを増やすことなく、不正に対する多要素防御をスムーズにサポートします。


完全に最適化された不正防御によりデジタル収益機会をつかむ

企業はThreatMetrix不正保護ソリューションを使用して、カスタマージャーニーのあらゆる地点でデジタル/物理/行動属性を効果的に統合することができます。当社は、企業が確実かつ一貫して信頼できる顧客を認識し、最新の世界的なサイバー犯罪の脅威を反映して、不正の脅威の定義を絞り込むためのサポートを提供します。また、当社のエンドツーエンドのアイデンティティインテリジェンスでは、顧客全体にわたり十分な情報に基づくアイデンティティと信頼の決定を下すことができます。

点と点がつながっている地球


当社からの連絡をご希望の方

コンソーシアム

毎年、不正は多額の経済的損失と重大な風評リスクをもたらしています。

不正の頻度が高くなり、巧妙化するにつれ、不正の防止、検出、対応に要するコストが増加します。

これまで、組織は個別に行動し、独自の不正防止テクニックを開発し、ますます増大する不正対策コストを負担してきました。しかし、それらの組織が共通の懸念と目標を認識し、力を合わせたとしたらどうなるでしょうか。

不正取り組みのアイコン
 

複雑な不正への理解を深め、一丸となって立ち向かう
ターゲットとする評価のアイコン

よりターゲットを絞ったほぼリアルタイムのリスク評価を実施する
アラートのアイコン

共に不正を検出および軽減し、不正件数に加えて、各自が負担する不正防止コストを削減する
連携のアイコン

個別に行うのではなく、力を合わせてそれらの目標達成に向けて努力する

  組織的なサイバー犯罪から身を守る

組織的なサイバー犯罪からの保護


共通のリスク、共通の目標

共通の目標、課題、または不正リスクを抱えている顧客のために、参加企業が情報を交換できるコンソーシアムが設立されました。

コンソーシアムでは、企業は共有リストを使用して、リアルタイムでネガティブデータとポジティブデータの属性を選択的に共有することができます。この集合的なインテリジェンスは、ThreatMetrixルールを介して運用することができます。コンソーシアムはギブ・トゥ・ゲット(得るために与える)モデルで運用されており、各メンバーは定期的に情報を提供することが求められます。

データは相互合意済みのコンソーシアムメンバーと情報提供者との間で交換されます。全体的に、業界に重点を置いた、またはピアベースで蓄積されたデータ洞察力が生み出されます。これは組織のローカルインテリジェンスを補完すると同時に、LexisNexis® Digital Identity Network®を通じて利用されるグローバルな共有インテリジェンスを基盤として構築されています。

最終的には、そのインテリジェンスはより正確なリスク評価を行い、各組織の業種をターゲットとした組織的なサイバー犯罪からより効果的に身を守るために使用されます。


  コンソーシアムの仕組み

Threatmetrixコンソーシアムのステップ1Threatmetrixコンソーシアムのステップ1

ステップ1

ThreatMetrixの顧客はコンソーシアムに参加する機会が与えられます。コンソーシアムは不正の類型に関するテンプレートリストを作成します。 



Threatmetrixコンソーシアムのステップ3Threatmetrixコンソーシアムのステップ3

ステップ3

顧客はLexisNexis® Digital Identity Network®を使用して、コンソーシアムのピアネットワーク全体にわたりデータを共有します。顧客は継続的にデータをコンソーシアムに提供することが求められます。

Threatmetrixコンソーシアムのステップ2Threatmetrixコンソーシアムのステップ2

ステップ2

それらの類型により、ACTO(顧客のインターネットバンキングのセッションを支配し、資金を巻き上げる悪意のあるソフトウェア)、Mule Watchlist(ミュールネットワークにリンクされている疑いがあるが、まだ確認されていないアカウントに関連するアクティビティ)などの不正を分類するか、リストに記載することができます。
Threatmetrixコンソーシアムのステップ4Threatmetrixコンソーシアムのステップ4

ステップ4

代わりに、顧客はコンソーシアムの共有データを入手して、リスク評価を行うために使用することができます。ThreatMetrixポリシー内のコンソーシアムレベルで共有されるデータに関するルールを設定することで、その情報を運用することができます。

  データの共有を通じて不正パターンを明らかにする


全体像を見る

不正については、組織内で発生した不正のタイプのみに焦点を当てることがあるため、その全体像をつかむのが難しい場合があります。 

コンソーシアムは不正の状況に関するはるかに広範な全体像を提供します。

コンソーシアムのグループ全体にわたるほぼリアルタイムのインテリジェンスを共有することで、企業は通常であれば気づかない不正パターンを確認し、新たな洞察を得ることができます。また、不正の疑いがあるデバイスなどの懸念、デバイスをブラックリストに載せている組織とその理由を確認することで、将来の不正を阻止することもできます。

共有データにより、コンソーシアムの企業はその業界をターゲットとした複雑なサイバー犯罪集団を把握することができます。そのデータ内でより大きな全体像をつかむ能力は、最終的に不正に関するより賢明な意思決定とリアルタイムのリスク評価をサポートすることになります。

大きな画像を参照


コンソーシアムのメンバーが複数のメリットを認識

規模が大きく複雑な組織は会社レベルでコンソーシアムを設立して、組織のサイロ全体にわたり各自のデータを共有することができます。
これにより、 明確な洞察を得て、努力の重複を避けるとともに、同じ目標を達成することができます。


単一の大規模な組織内か、または同じ業界内の複数の企業全体にわたるかにかかわらず、コンソーシアムの参加企業は以下からメリットを得ることができます。

矢が刺さったドル

 軽減された不正による損失

1と0を持つ手

不正関連の意思決定の際に提供される共有データ、分析および洞察力

バグ上のグラスの拡大

不正の動向と進展に関するより迅速な確認

3人の人々

より幅広い視野を提供する全体的な知識ベース

  ケーススタディ:英国の銀行のコンソーシアム


LexisNexis Risk Solutionsのために最初に設立されたコンソーシアムの一つが英国の銀行です。ほぼ瞬時に、メンバーはさまざまなユースケースにわたる情報共有からメリットを認識するようになりました。その成功の話が広まるにつれて、英国の他の銀行がコンソーシアムに参加し、積極的な参加者になることを申し出るようになりました。

コンソーシアムの主な活動は以下のとおりです。


  • 既知の不正なデバイスリストの共有
  • ミュールアカウントと関連する不正戦略の事前対応的な特定
  • 不正な属性データをほぼリアルタイムで共有
  • 高リスクのデバイスのより正確な追跡。銀行は、他の銀行がある事業体をブラックリストに載せた時期など、リスク意思決定の際に追加的な背景情報にアクセスすることができます。
英国の銀行コンソーシアムは、一致協力することで大きな成功を収めています。銀行は情報共有を利用して、以下を実現しています。


  • 認識された不正デバイスを禁止する
  • 不審なデバイスが不正であるかどうかを確認する
  • コンソーシアムのデータがない場合と比べてはるかに迅速にミュールアカウントを検出、特定および閉鎖する
  • アカウントの乗っ取りを阻止して、損害を最小限に抑える
  • 不正資金を回収および返金する
データがある都市

不正の早期検出

コンソーシアムは、知見を共有し、視野を広げ、共通の目標をより迅速かつコスト効率的に達成する機会を提供しています。
サイバー犯罪者がより巧妙に組織化され、より高度な計画を練ってその成功を最大限に高めようとしている場合、
業界の個々の企業が一致団結して不正の検出と防止における統一戦線を構築することは理にかなっています。地域、業界、
およびユースケース全体にわたりコンソーシアムの機能を利用してデータを共有することは、不正の早期検出ソリューションの重要な要素です。

 デジタルと行動に関する洞察を使用して不正を事前に阻止


画像を指差す女性

LexisNexis® Digital Identity Network®

指紋

LexisNexis® Behavioral Biometrics

ミーティングでテーブルを囲む社員

脅威に関する最新のインテリジェンスを使用して継続的な価値を生み出す

不正は動的であり、脅威のレベルは継続的に高まっているため、不正決済の効果的な検出が急務となっています。現在対応できていない脅威とアイデンティティの問題は既に重要な収益の流れを阻害し、不正による損失の増加をビジネスにもたらしている可能性があります。LexisNexis® Professional Servicesでは、企業が確実に最新の不正防御戦略と完全に最適化されたツールを使用して業務を行うことを支援します。

当社の専門サービスチームは皆様の不正ポリシーのルールと顧客データ管理プロトコルの効率性と有効性を評価・監視して、ThreatMetrix®ツールセットの即時性を改善すると同時に、その持続性を強化するサポートを提供します。当社はコンサルタントの専門知識を最新の高度な機械学習と融合しています。これにより、お使いのThreatMetrixソリューションが確実かつ完全に最適化され、グローバル市場全体にわたる可視性を拡大し、関連リスクに対する見通しをほぼリアルタイムで引き出すことができます。

  事前に課題を予測


最初からThreatMetrixソリューションの収益を増やす

当社のプロフェッショナルサービスチームは、リテールサービス、金融サービス、電気通信、ゲームなどの多様な業界にわたるグローバルなThreatMetrixの導入から得た知識を活用して、事前に課題を予測し、設計/導入戦略をカスタマイズしてあらゆる地点で企業固有の目標に取り組むための専門知識を提供します。
Threatmetrixの専門実装サービス

導入

Threatmetrixの専門最適化サービス

最適化

Threatmetrixの専門テストサービス

テスト

Threatmetrixによる稼働および稼働後のサポート

導入および導入後のサポート

当社はビジネス、運用、およびデータに関する要件を多面的な観点から事前対応的に検討することで、不正保護ソリューションのシームレスな導入に向けての目標を設定しています。当社は顧客と連携しながら、正確なビジネス上の目標を理解し、顧客の既存のインフラストラクチャを評価し、ThreatMetrixソリューションが最適な結果を生み出し、顧客の 不正/アイデンティティ管理戦略に即時の価値をもたらす最適なルートの決定をサポートします。

  カスタマイズされた完全な不正防止ソリューション


拡張性と適合性

また当社は、顧客のThreatMetrix不正防止ソリューションツールの価値を拡大し、不正の動向の変化と進化に対応しながら確実にビジネスを成長させることをサポートするために、広範かつ継続的なルール分析、データ評価、および最適化サービスを提供しています。これらのサービスを利用することで、企業は最終的な収益が悪影響を受ける前に、不正を事前対応的に予測し、ルールのパラメータを調整することができます。当社のサービスは個別に利用することができます。または、これらのサービスを組み合わせて、不正に関する最も包括的な視点を得ることもできます。

  • ボット評価 
  • 不正の分析および改善 
  • ポリシールールの最適化で促進される実データ 
  • サービスとしてのスマートラーニング 
  • インクリメンタル・ルール・マイニング 
  • ワンタイムパスワード/多要素認証の低減 
  • サイバー犯罪集団の検出および分析 
  •  不正分析のレビュー 
  • パフォーマンスの評価 
  • 戦略のレビュー 
  • カスタマイズしたレポート作成
男性と表示されているコンピューティング情報

当社の専門サービスチームはカスタマイズしたサービスを提供することで、企業が今日の変化の激しい不正環境における継続的な課題に効
 果的に対処するためのサポートを提供します。

当社は顧客のThreatMetrixソリューションを完全に最適化することができるため、変化する脅威とビジネス要件に簡単に対応することができます。
業界で評価を得ている当社の専門サービスを利用して、ThreatMetrixから即時に価値を実現し、不正防止戦略の長期的な実行可能性を維持してください。

LexisNexis、LexID、およびKnowledge BurstのロゴはRELXの登録商標です。ThreatMetrixおよびDigital Identity NetworkはThreatMetrix, Inc.の登録商標です。

関連製品

すでにThreatmetrix®を使用していますか?